【2022年最新】火災保険申請サポートの手数料の相場費用は?最安値もご紹介

火災保険申請サポート費用と豚の画像

目次

  1. 火災保険申請サポートの手数料の相場
    1. 【注意】手数料が安い業者と高い会社
    2. 火災保険申請サポートの費用が高い会社
    3. 火災保険申請サポートの費用が安い業者
  2. リフォーム業者の申請サポートの料金相場
    1. 【注意】修理する必要がある
  3. 火災保険申請の手数料を安くする方法
    1. 方法①:リフォーム業者に申請をサポートを依頼する
    2. 方法②:まとめて申請サポートを依頼する
    3. 方法③:申請サポート会社と交渉する
    4. 方法④:自分で火災保険の見舞金申請をする
  4. 自分で火災保険申請をする場合
  5. まとめ

火災保険の申請をサポートしてもらうと手数料がかかりますが、手数料の相場や業界の最安値がどれぐらいなのでしょうか。

今回は、

  • 火災保険申請サポートの手数料の相場
  • リフォーム業者の申請サポートの料金相場

について紹介します。

火災保険申請サポートの手数料の相場

業者により多少は異なりますが手数料の相場は、

最低でも保険金の30%

最高でも保険金の40%となります。

 

地域により相場が変わることも多いですが大阪の業者は手数料が少し高く40%が多い傾向があります。

申請サポート会社はたくさんありますが、相場より高い業者、安い業者にはいずれも注意が必要になります。

 

現在の業界の最安値は25%と言われています。

ただし注意が必要で、手数料が安い会社は対応が粗悪な会社が多いので、トラブルが多いことがよくあります。

依頼する前に会社の電話対応やどれぐらい向き合ってくれているのか?を確認するようにしましょう。

 

信頼できる会社が分からないというお声もよく頂きますので、まずはこちらからご相談下さい。

 

【注意】手数料が安い業者と高い会社

手数料が大幅に相場から外れている場合、悪徳業者の可能性が高いので注意が必要になります。

それぞれの特徴を抑えることにより、対策をすることができるので依頼前に必ず理解するようにしましょう。

 

火災保険申請サポートの費用が高い会社

手数料が50%~60%と高い業者には注意が必要です。

更に悪質だと手数料が70%の会社も存在します。

 

手数料が極端に高い会社は申請の受給額が低い場合が多いです。

 

受給率が低い中でも利益を得るために、このような会社は手数料を高く設定します。

申請手数料が高い会社はホームページがない会社が多いので必ずホームページを調べるなど対策を取りましょう。

 

火災保険申請サポートの費用が安い業者

安い業者の場合、手数料が無料の業者があります。

無料なら良心的と思ってしまうかもしれませんが、この場合99%悪徳業者になります。

 

申請が終わった後、無理なリフォームを強いられたり、何かしらのトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

 

よくある事例として、

  • 相場以上の高額な工事費用
  • 高額なキャンセル料や違約金

です。

 

特に高額なキャンセル料や違約金を請求する業者には注意が必要です。

違約金として工事費の50%を請求されたというケースも実際にあります。

 

手数料は安ければ良いというものではありませんので、相場にあった手数料の会社を選ぶことがポイントです。

 

トラブルに巻き込まれてしまった可能性がある場合は当センターへご相談ください。

ご相談はこちら

 

リフォーム業者の申請サポートの料金相場

 

火災保険申請サポートの手数料を調べる少年

リフォーム業者に依頼した場合の申請サポートの手数料は10%~15%が相場になります。

ただし、

リフォーム業者に火災保険の申請をサポートしてもらう場合は注意点がありますので必ずご確認ください。

 

【注意】修理する必要がある

リフォーム業者に申請をサポートしてもらう場合は、

依頼したリフォーム会社で修理をする必要があります。

 

この場合は高額なリフォーム工事費用を請求されてしまい、申請をサポートしてもらっているため断ることができない。

などのトラブルが多発しているので注意する必要があります。

 

リフォームが確約された契約は違法になる可能性があります。

 

■違法になる理由

リフォーム業者の申請サポートはリフォームを必ず同じお店でする前提の申請になります。

 

本来、保険会社からの見舞金は使い道が自由になりますが、

『受給した見舞金を必ずリフォームに使わなければいけない』という契約内容は保険法や独占禁止法に抵触してしまいます。

 

詳しくは以下の記事をご参考下さい。

 

 

受給した見舞金の使い道は自由で、実際にリフォームする場合も業者は自由に選ぶことができる。

と覚えておきましょう。

 

火災保険申請の手数料を安くする方法

 

火災保険申請サポートの費用を提示する男性

火災保険の申請をサポートを依頼するには手数料を払う必要があります。

手数料は安ければ良いというわけではないと先程説明しましたが、同じ会社に依頼する場合でも手数料を安くする方法があります。

 

ここからは火災保険申請サポートの手数料を安く抑える方法を4つ紹介していきます。

 

方法①:リフォーム業者に申請をサポートを依頼する

リフォーム業者の申請サポートの手数料の相場は10%~15%で専門業者よりも安く抑えられます。

 

ただし、記事の前半で説明しましたが、

工事契約がセットになっていて、見舞金を受給した際に工事を必ず依頼する必要があるという条件付になります。

 

火災保険の見舞金でリフォーム代を賄うことができた場合は、実質リフォーム費用がかからないので0円リフォームとも呼ばれています。

注意が必要なのが、上記の場合リフォーム費用が高額になっている場合が多いです。

 

また、

受給した見舞金の全額をリフォーム費用に回す必要があるため、

見舞金の使い道が決められない上に、自由に使えるお金は無くなってしまいます。

 

方法②:まとめて申請サポートを依頼する

サポート業者によりますが1件だけ申請サポートを依頼する場合に比べて、

友人やご家族のお家とまとめて申請サポートを依頼する場合の方が火災保険申請サポートの費用を安くしてくれることが多くあります。

 

手数料の相場は30~40%ですが、まとめて依頼することにより25%~35%程まで手数料が安くなる場合があります。

 

まとめて依頼することにより手数料を安くしてくれる会社を探してみましょう。

 

方法③:申請サポート会社と交渉する

手数料は会社ごとに違うのもあり、明確に定められている申請サポート費用はございません。

そのため、『この会社に依頼したい!』という会社を見つけた場合は申請サポート費用を交渉するのも1つの方法になります。

 

1つ前の章で紹介した「申請したい人を紹介するので、手数料を下げて下さい」

など

会社へのメリットを提示して交渉すると手数料が安く抑えられる場合があります。

※業者によっては交渉不可な場合もあります。

 

依頼する会社が決まったら一度話をしてみてください。

 

方法④:自分で火災保険の見舞金申請をする

ここまで会社に火災保険申請サポートを依頼する場合の手数料について説明してきましたが、

実は火災保険の見舞金申請は自分ですることも可能になります。

 

会社に依頼する場合と比べて、

手数料を払う必要がないので一番安く済ませることが可能になります。

 

ただし、この場合は注意が必要で見舞金額は会社に依頼した場合に比べて大幅に減額されてしまうケースが多いです。

 

自分で火災保険申請をする場合

 

女性が火災保険の申請書類を書いている画像

自分で火災保険の申請する場合、手数料はかかりませんが業者に頼むより受給額が少なくなるというデメリットがあります。

※実質手残りが半分以下になってしまう可能性もある

 

申請額が少なくなる理由としては、

  • 損傷箇所の特定が困難
  • 書類の作成がうまくできない
  • 保険会社との交渉ができない

などの理由が挙げられます。

 

その結果、書類の信頼性がなくなってしまい経年劣化と判断されてしまうことが多いです。

 

個人での申請に関しては以下の記事をご参考下さい。

 

まとめ

火災保険の申請サポート費用の相場についてご説明させて頂きました。

サポート費用の相場は地域によって異なりますが、

25%~40%程になります。

 

リフォーム業者に依頼することで大幅に手数料を抑えることが可能になりますが、

家のリフォームもしなければならないので注意が必要です。

 

火災保険申請を依頼する会社を選ぶ場合は手数料ではなく、電話での対応などで選ぶようにしましょう。

 

【必ず申請前にご相談ください】

申請をお考えの方や少しでも申請サポート会社に不安がある方は、

火災保険申請サポートへ一度ご相談ください。

全て無料になりますのでご安心ください。

LINEからのご相談も承っております。

 

お問い合わせはこちら